Skip to content

ネット誹謗中傷対策のプロバイダ送信防止措置依頼

インターネットの世界では、自分の名を明かすことなく情報発信が可能です。
そんな匿名性が通用しているネットの世界には、中には悪意に満ちた発言や主張をする動きもあるのです。
特定の個人や企業のことを名指しで誹謗中傷することも珍しくありません。
それに気づいたとしても、中傷されている側が、すぐにその情報を消し去ることができないのです。
かりに事実無根のことが書かれていても、それをほかの人の目に触れないようにすることができないので、もどかしい思いは禁じ得ません。
もし、事態を静観していて忘れられるような内容であれば、放置しておくことも一つの解決法であります。
しかし、それが個人の名誉を著しく傷つけたり、会社の信用を失墜させるような記述であれば、拱手傍観しているわけにはいきません。
速やかに、ネット誹謗中傷対策に着手すべきです。
えてして、ネットでの誹謗中傷は、対象者への嫌がらせとして継続的に行われることが多いのです。
早く手を打たないことには、嫌がらせをしている人間はますます増長する恐れがあります。
ネット誹謗中傷対策の一つに、プロバイダ責任制限法で規定されている送信防止措置依頼も有力な選択肢になります。
送信防止措置依頼とは、不適切な情報の流通によって自分自社の権利を侵害されたとみなされる場合に、プロバイダーに対して、その情報や記述の削除を請求するものです。
送信防止措置依頼書はテンプレートがありますが、それを書くにあたっては、「侵害された権利は何か」、また、「権利が侵害された理由の説明」の2点が非常に重要になってきます。
申請する側にすれば、権利侵害は明白であると考えていても、法律の専門家からすれば侵害には該当しないことは頻繁です。
また、依頼に際しては、問題となる書き込みを保全することを忘れてはいけません。
プリントアウトでもPDFファイルでも写真撮影でも、どんな形であっても、証拠を添えて送信防止措置依頼書提出しなければなりません。