Skip to content

弁護士なら2ちゃんねるの投稿削除や発信者開示も可能

2ちゃんねるで誹謗中傷されて、なんらかの不利益を受けたら、なるべく早く弁護士に相談するべきです。しかし弁護士といっても、どの弁護士でもいいというわけではありません。弁護士にも様々な人がいて、それぞれ得意分野が異なります。たしかに弁護士は法律問題全般に関して扱うことができますが、しかしやはり得意不得意というのはあるのです。インターネットでの誹謗中傷問題に関しては、ネットに強い弁護士にお願いするべきです。ネットに対して無知な弁護士に依頼すると、下手な対策をやらかしてしまい、被害が拡大する恐れがあるからです。インターネット関連の事件を数多く扱っている弁護士を探して依頼するといいです。ネットに詳しい弁護士なら、誹謗中傷被害の相談を受けた段階でスグに依頼案件に関して損害賠償請求が可能か否か、発信者開示が可能かどうか等について、ある程度判断がつきます。そして適切な対処方法を模索してくれます。2ちゃんねるの誹謗中傷問題でやってはいけないのは、自力で解決しようとすることです。自力で解決しようとして、削除依頼などを出すと、誹謗中傷の書き込みを行っている人物は、ますます調子の乗って暴れ回ることが多いです。また、投稿とアクセスログが削除されてしまって、投稿者の特定が困難になる場合もあるので、裁判に持ち込んで発信者情報を開示させて損害賠償請求したいなら、自分で削除依頼などをするのではなく、ネットに強い弁護士にいち早く相談しましょう。2ちゃんねるの投稿は数ヶ月で消されていくので、断固とした措置をとって誹謗中傷の投稿をしている人物を懲らしめたいなら、すぐに弁護士に相談した方が有利になります。また、2ちゃんねるの誹謗中傷対策は無理だと鼻から諦めている人も多いです。会社も外国にありますし、抗議しても無視されることが多いと言われています。たしかに昔の2ちゃんねるは、無法地帯ともいえるような状況で、削除依頼などしても取り合ってもらえないことが多かったです。しかし、現在はだいぶコンプライアンス意識が醸成されていて、裁判所の判決などが出れば、ちゃんと従うようになっています。2ちゃんねるの会社は現在外国にあるので、日本の裁判所の判決がすぐさま影響を与えるというわけではないのですが、だいたいちゃんと従っています。同掲示板での誹謗中傷的投稿の削除や発信者情報開示は可能ですから、諦めてはいけません。ネットに強い弁護士に相談すれば、きっと解決することができます。