Skip to content

Monthly Archives: 7月 2016

ネット誹謗中傷対策で法務局に相談する

人によって大切なものが変わるように、情報の重要度にも個人差があることが珍しくありません。
本人にとってはあまり大事ではなくても、周りの人には大切なこともあるでしょう。
周囲の人のとの考えの違いにより、自分の個人情報が多くの人に広められることもあります。
誰が情報を広めているか分かれば対応ができますが、情報発信者が分からない場合は大変かもしれません。
知らない場所で自分の情報が広がらないように、情報管理は徹底する必要があります。
個人で気をつけていても、どうしても防げないこともあるでしょう。
インターネット上には、悪意を持って他者の情報を書き込む人も珍しくないです。
一度書き込まれると削除するのが難しいため、情報があっという間に広がることが少なくないでしょう。
勝手に自分の情報を書き込まれたら、適切な対応をする必要があります。
書き込みへの対応について知識があるといいのですが、多くの人は全く分からないことが珍しくありません。
そのため、対応が遅れてしまうこともあります。
もし、インターネット上の書き込みで困っているなら、法務局に相談するといいでしょう。
ネット誹謗中傷対策として専門家に相談すれば、適切なアドバイスをくれることもあります。
個人では難しいことも、プロの力を借りれば、スムースにいくことが多いです。
また、特定の条件を満たせば、法務局が対応してくれることもあります。
自分で対応するのが原則ですが、本人が対処するのが難しい場合は代わりに動いてくれることもあるため、まずは相談するといいでしょう。
インターネットだと、対応が難しいと考える人もいるかもしれませんが、相談できるところも少なくありません。
一人で悩むのではなく、専門家からのアドバイスを参考に行動するといいでしょう。
すぐに結果は出なくても、適切な手続きを行えば望む結果が得られやすいです。
個人情報を勝手に書き込むのが誰か分からなくても、プロの力を借りて対応してください。

ネット誹謗中傷対策のプロバイダ送信防止措置依頼

インターネットの世界では、自分の名を明かすことなく情報発信が可能です。
そんな匿名性が通用しているネットの世界には、中には悪意に満ちた発言や主張をする動きもあるのです。
特定の個人や企業のことを名指しで誹謗中傷することも珍しくありません。
それに気づいたとしても、中傷されている側が、すぐにその情報を消し去ることができないのです。
かりに事実無根のことが書かれていても、それをほかの人の目に触れないようにすることができないので、もどかしい思いは禁じ得ません。
もし、事態を静観していて忘れられるような内容であれば、放置しておくことも一つの解決法であります。
しかし、それが個人の名誉を著しく傷つけたり、会社の信用を失墜させるような記述であれば、拱手傍観しているわけにはいきません。
速やかに、ネット誹謗中傷対策に着手すべきです。
えてして、ネットでの誹謗中傷は、対象者への嫌がらせとして継続的に行われることが多いのです。
早く手を打たないことには、嫌がらせをしている人間はますます増長する恐れがあります。
ネット誹謗中傷対策の一つに、プロバイダ責任制限法で規定されている送信防止措置依頼も有力な選択肢になります。
送信防止措置依頼とは、不適切な情報の流通によって自分自社の権利を侵害されたとみなされる場合に、プロバイダーに対して、その情報や記述の削除を請求するものです。
送信防止措置依頼書はテンプレートがありますが、それを書くにあたっては、「侵害された権利は何か」、また、「権利が侵害された理由の説明」の2点が非常に重要になってきます。
申請する側にすれば、権利侵害は明白であると考えていても、法律の専門家からすれば侵害には該当しないことは頻繁です。
また、依頼に際しては、問題となる書き込みを保全することを忘れてはいけません。
プリントアウトでもPDFファイルでも写真撮影でも、どんな形であっても、証拠を添えて送信防止措置依頼書提出しなければなりません。

WEBブランドを守るためにもネット誹謗中傷対策が大事

様々な商品が開発され、消費者の前に届けられることが珍しくないです。
新しいものは常に出てくるため、少しでも魅力的な商品を出したいと考えている企業は多いかもしれません。
企業側が自信を持って出したものでも、消費者に好まれないことも珍しくないです。
今人気があったとしても、小さなことがきっかけで支持されなくなることもあります。
そのため、多くの商品を扱っているほど、消費者の反応に敏感かもしれません。
もし、多くの人に好かれるものを提供したいなら、イメージを大切にすることも考えてください。
商品を紹介する場所として、インターネットが注目されていると言われています。
個人が好きな時間に検索できるため、興味を持っている割合が高く、成果が期待できるでしょう。
時間や情報量に制限がないため、自社サイトへの集客が業績に大きな影響を与えるかもしれません。
インターネットを利用する人は非常に多いため、自社ブランドのイメージが大切になります。
一度悪いイメージがつくと消費者から嫌われてしまうため、ネット上での広報活動にも気をつけた方がいいでしょう。
一度WEBブランドを確立してしまえば、ライバル会社との競争で有利になることが多いです。
そのため、多くの企業がネット上でのイメージを気にしています。
ネット上のイメージを大事にするには、ネット上の悪意とも向き合う必要があるでしょう。
会社としての業績をあげるなら、ネット誹謗中傷対策を考える必要があります。
最初は小さなものでも、すぐに大きな影響を与えることが少なくありません。
間違った情報や噂で業績が悪化する企業は少なくないです。
商品の質が良くても、誹謗中傷が原因で売れなくなることもあります。
そのため、商品開発だけでなく、ネット上の間違った情報への対処も必要になるかもしれません。
インターネットではいろいろな人が情報を発信できるので、会社全体で消費者に好かれる対応を心がけるといいでしょう。